弁護士 無料相談 電話

弁護士の無料相談で借金のトラブルを解決する

キャッシングはカード1枚でお金が借りられる便利なシステムですが、消費者金融に借りて気が付くと金利を返すのに精一杯という状況に陥ります。
カードでお金を引き出すとまるで自分がお金持ちになったような錯覚をしてしまうのです。

消費者金融 借金

 

キャッシュカードは自分のお金ですが、クレジットカードやキャッシングカードは借金です。
カードの種類でお金の意味が変わっても、自分のお金なのか消費者金融で借りたお金なのか区別がつかなくなり、気が付くと多額の借金を負ってしまうのです。
それに消費者金融の金利は最高で18%という超高金利です。
100万円借りて返済を1年間放っておくと、118万円返さなくてはならなくなります。
毎月の返済額が1万円以上高くなってしまうのですから、生活が苦しくなるはずです。

 

このような状況に陥っているなら、早い段階で弁護士に相談しましょう。

 

どの方法が適用できるのか知りたいなら、借金解決シミュレーションがおすすめです。

借金 返済 弁護士

 

 

電話相談はこちら

借金相談ダイヤル

サルート法律事務所の詳細

サルート法律事務所

サルート法律事務所の借金相談ダイヤルでは、次のような悩みにお応えできます。

もう借りられない、借金が全然減らない、一括請求の通知が来た、裁判所から通知が来た、住宅は残したいなど。
今すぐ知りたいことを相談できます。

 

0120-315-641

無料相談 24時間対応 携帯電話OK

 

 

 

 

相続金銭トラブル
相続の問題や友人や知り合いなどの金銭の貸し借りについては、通常の弁護士さんでは扱っていないこともあります。
個人間の貸し借りの金銭トラブルには、借用書がなかったり、ないと一方的に言われたりと返済のトラブルが多く、近所で対応できる専門家に問合せをしたいですね。

 

 

お金の問題でお悩みのあなたには、日本法規情報をおすすめします。

 

日本法規情報の相談窓口案内サービスには、全国に1000事務所、3000人以上の専門家がいます。

 

この業界トップクラスの中から、あなたの状況・お悩みに適した専門家を無料で案内してくれます。

 

日本法規情報

日本法規情報

日本法規情報案内サービスでは、法律問題かどうかわからない段階でも、事前に話をすることができます。

 

個人間の借金トラブルや相続問題などの専門の先生は違います。専門分野は複数あり、どこにでも問合せすればいいわけではありません。
専門家に相談する前に、日本法規情報サービスで現状を把握してもらい案内してもらうと無駄な連絡が不要になるので、便利です。

 

どんな小さな内容でも、問い合わせできます。

 

【案内無料】 24時間受付 全国対応

050-7576-1589

 

 

 

 

 

住宅ローンと税金

住宅ローンと税金夢のマイホーム。
人は結婚して、子供が生まれて、マイホームを買うと幸せと感じます。
はたから見ると、こんな家族羨ましいという環境ですね。

 

実際はどうなのか気になりますね。
35年の住宅ローン、毎年かかる固定資産税、10年おきに必要とされる外壁塗装などのリフォーム代。なかなか持ち家は大変なのです。
実際、購入してみてこんなに大変だと思わなかったという声は多いです。

 

家を買うなら、そこそこの資金を貯めて住宅ローンをなるべく短くできるようにしたいですね。住宅ローン金利が低いと言われても、元金が大きいので金利もかなりかかります。
金利が0.5〜0.7%だとしても、3000万円だと単純計算でも15万〜21万円は金利です。毎月1.5〜2万円近く金利を払う計算になります。

 

それでも家を買うのはなぜでしょう?
それは老後に備えてと答える人が多いのです。賃貸物件はお年寄りには貸してくれないと言われます。事故物件になるのが怖いから、それもわかります。
老後に備えるために、若い時から家を買う・・・賢明ではありますが、日本の住宅の多くは木造なので30〜40年経過するとかなり劣化します。

 

ローンが終わるころに、家の寿命も尽きるという矛盾を感じます。
これを阻止するには、定期的なリフォームが必要となりやっぱりお金がかかります。

 

住宅ローンのほかに、リフォームローンを抱えることになるというおかしなことがあるのです。

 

 

 

ギャンブル依存症と借金

ギャンブル依存
最近、有名な元相撲取りの方がギャンブル依存症ということでよくテレビに出ていますね。
オリンピック候補だった若い選手が、裏カジノにはまって代表の座を逃した事件もあります。なぜ人はギャンブルにのめり込むのか。

 

勝負の世界に生きてきたので、勝ち負けのはっきりしてきるギャンブルに興味があった。
たとえ今回勝負に負けても、すぐにギャンブルで取り戻す。

 

ギャンブルにはまる人はこんな考え方になるそうです。
合法なギャンブルもありますが、何が問題なのかというと自分のお金でないものでもギャンブルで増やしたくなるというところです。

 

キャッシングで借りたお金でギャンブルをする、人から預かったお金でギャンブルをする。
勝って増やせばいい!本当にそう思っているそうです。
しかし、ギャンブルはほとんどの人が負けるようにできています。

 

ギャンブルのためにキャッシングした場合、返済できなくなっても自己破産は認められません。株やFXでの失敗と同じ様にギャンブルも免責不許可になる事案です。
ギャンブル依存症で5億円の借金を負ったという元相撲取りさんは、今での働きながら借金を返済していますし、カウンセリングにも通っているそうです。

 

それでも自分はギャンブル依存症ではないと思うとおっしゃっていたのが印象的でした。
自分で認識がないということは恐ろしいことです。